仮想通貨アソビコインのICOが「不安な理由」

(剣八)
侍ブロガーの剣八です。

今回は、たまたま広告で目にした仮想通貨「アソビコイン」のICOについて取り上げます。

アソビコインコインのICO情報

公式サイト:https://asobimo.io/ja/
ホワイトペーパー:https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf
ブロックチェーン:イーサリアムベース
参加できるコイン:ETH
トークン価格:1ASOBI=0.5USD
総発行枚数:
ICO販売上限:
トークンセールス予定:6月(7月に流れそう)

 

個人の時代で「理想の生活」を手に入れるためのメール講座に参加する

アソビコインのトークンセールスと購入方法

f:id:liveinshadow:20180608150651j:plain

6月8日現在、公式ページにはトークンセールまで26日となっているので、6月を予定とされてましたが7月に入りそうっすね。

購入方法についてはまだ公開されていないため、公式ページより「ニュースレター」に登録しておくか、「テレグラム」での確認でもOKかと思います。

アソビコインのテレグラムはこちら

トークンセールではICO時に50%のトークンが販売される予定です。

既存のサービスを利用するユーザーには、エアドロップもあります。

また、プレセールではボーナスも付くようです。

アソビコインの詳しい購入方法がわかりましたら、追記したいと思ってます。

あそびコインの用途はデジタルコンテンツの中古販売

f:id:liveinshadow:20180608150832j:plain

あそびコインでは、「デジタルコンテンツ」の保護と流用のプロットフォームが提供されます。

「デジタルコンテンツ」とは、

・オンラインゲーム
・電子書籍
・音楽ファイル

などのことです。

具体的にどのように保護と流用するのかというと、あそびコインのプラットフォームで使われるブロックチェーンよって、誰から誰に「デジタルコンテンツ」が行き届いたのかを紐づけます。

これによりプラットフォーム上で、”デジタルコンテンツの売買”もできるので、ブロックチェーンとの相性は良さそうっすよね。

例えば、進撃の巨人の電子書籍を500円で購入したとして、それを今度は中古で他のユーザーへ販売できるってことです。

デジタルコンテンツの場合、プラットフォームを使えばブックオフのようなことが、「個人間」でできるような感じかな。

要するに、インターネットを通じて”デジタルコンテンツの売買が自由にできる”ってことですね。

読み終えた書籍を売って、受け取ったあそびコインで他の書籍を購入しても良いし、お金に換えても構いません。

たしかにデジタルコンテンツは便利だし、これから増えてくことは間違いないですが、まだ著作権の権利や売買の整備は曖昧ですから、しっかりと権利を保護するためにもブロックチェーンは必要になってきますね。

そういう意味でも、使用用途やコンセプトは面白いと思いました!

ASOBIコイン(ICO)を開発したアソビモ株式会社とは?

今回ASOBIコインを開発したのは、アソビモ株式会社という日本の会社です。

いや~、日本の会社が開発して、さらにはまともで現実的な内容となると応援したくなるっすよね~

情報もなく、よくわからない個人が開発した仮想通貨と違って、すでにサービスを提供している会社なんで。

アソビモ株式会社は、「近藤克紀」さんが代表を務める”オンラインゲームの開発会社”で、国内外合わせて600名以上の開発者が在籍しています。

f:id:liveinshadow:20180608151452j:plain

これまでに制作して来たゲームの中の代表的ものは、

・アヴァベルオンライン
・トーラムオンライン
・イルーナ戦記オンライ
などです。

f:id:liveinshadow:20180608151549j:plain

全商品の総ダウンロード数は5000万で、アヴァベルオンラインの累計売上げに関しては、約200億円という実績があります。

すでにプロダクトを持っている会社は強いっすよね!

今回の発想もデジタルコンテンツを制作する会社ならではの発想だと思います。

f:id:liveinshadow:20180608151648j:plain

こちらの仕組みが実現すれば、デジタルコンテンツも正当な取引ができ、さらに幅広いジャンルにも対応してくるかもしれません。

f:id:liveinshadow:20180608151719j:plain

ASOBIコインの開発チームには、近藤克紀さんをはじめ、生原優介さん、木下秀実さん、羅鍾九さん、村井 政哉さん、Marco Poliquinさんなどが携わっています。

このチームの方々がどこまで実現してくれるかですね!

ASOBI COINの市場!どのくらいの需要があるのか?

ASOBI COINの仕組みが素晴らしいと言っても、その仕組みが使われる市場規模がどのくらいあるのかによっても、期待度は変わってきますよね。

どのくらい需要があるのかが重要なのです。

ASOBI COINはデジタルコンテンツの中古販売市場で利用されますが、その市場規模は1兆2000億円と予想されています。

まあ、これはあくまで全体の市場規模の予想なので、実際ASOBI COINが使えるマーケットの規模はハッキリしませんが、仮にこの10%でしか利用できないとなっても1000億以上の規模はありますからね。

需要はあるのでは。

f:id:liveinshadow:20180608151943j:plain

あとは、動画、ゲーム、音楽、静止画、テキストといったデジタルコンテンツがある中で、どこまでアプローチできるかですね。

ここはアソビモ株式会社の営業力やマーケティングにもかかってくるかと。

ただ、アソビモ株式会社には、「SWITEX JAPAN」と呼ばれるゲームアイテムの販売取引所があることと、全世界に月間100万人以上のアクティブユーザーがいるという自力もあります。

すでに利用者を抱えている状態でもあるので、そこは強みですね。

アソビコインの将来性と不安

結論から言うと、私はアソビコインを購入しようと思っています。

その理由は、アソビコインには実用性と将来性があるからです。

アソビコインは、デジタルコンテンツの中古販売のプラットフォームになりますが、デジタルコンテンツの中古販売自体の市場が、これからどんどん右肩上がりになるのではと考えます。(あくまで個人の推測です)

デジタルコンテンツの販売では、最近の「漫画村問題」があったように、まだ著作権の保護ができていない状態です。

制作者も嘆いていると聞きましたが、ブロックチェーンを使うことにより、完璧とは言わずとも今よりは”保護”ができると思います。

そうすると、正当な取引が行われ、市場規模も伸びてくるはずです。

また、今はアソビコインも中古販売が押しですが、1次流通でも活用される可能性もあると思うので、そうなると市場も一気に大きくなります。

制作者としては、販売時から著作権の保護はしたいですからね。

そのコンテンツを誰が買い、誰に行き渡ったのか。

最初の段階から把握しておいた方が、「保護」の観点から見ても安心かと思います。

こうして正当な取引が行われれば、デジタルコンテンツの売買も促進することは間違いありません。

そういう意味でも、アソビコインには期待ができます。

ただし、1点不安な要素もあります。

それは「ICOで儲ける」という点で見た時です。

ICOで儲かるために1番必要なことは、「価格の上昇」ですよね?

この価格の上昇は、コインの可能性や実用性よりも「マーケティング(宣伝活動)」が大きく影響します。

つまり、いくら優れたコインであっても、運営の宣伝活動が下手であれば、価格は上昇しないということです。

なぜなら人目につくコインじゃないと、購入もされないので。

その宣伝活動において、アソビモ株式会社はどうかというと、現状宣伝力を持っているようには見えません。

f:id:liveinshadow:20180608152747j:plain
※6月8日時点

こちらはアソビモ株式会社の公式ツイッターなんですが、フォロワー数が現時点で182人しかいないんすよね。笑

これは宣伝活動をする上では不利ですし、全く情報発信力がないと言えます。

ただ、先ほど言ったように、アソビモ株式会社はすでに全世界に月間100万人のアクティブユーザーを抱えているので、そこによる拡散があればまた話は変わってきます。

あとはどのくらいの影響力を持った「インフルンエンサー」が付くかなんですが、一応今のところは、イケハヤさんが興味を示しているようです。

イケハヤさんが購入するなら、購入するのはアリかと思います。

マーケティングの観点から見て。

いずれにせよ、リスクも考えながら購入することをおすすめします。

アソビコインのICOは価格割れするリスクも

さて、今回はアソビモ株式会社が開発した、アソビコインについて取り上げましたが、私も購入する予定でいます。

「デジタルコンテンツ」市場自体がこれから伸びるのは間違いないので、プラットフォームの仕組みだけでなく、「市場」の伸び自体にも期待しての参加ですね。

ICOはコインのコンセプトや目的だけでなく、こういう市場の面から考えて参加するのもありです。

ただし、ICOにはリスクがあることも覚えておいておかなければならないっすよ!

最近はICOも価格割れしているものが出てきていて、あちこち打ち上げ花火のように宣伝されているので、情報の「希少価値」がなくなっています。

「誰でも手に入る情報」ってことは、「希少価値はない」ってことすからね。

なので、希少価値のある情報を知りたい方は、私も参加している「ICOの窓口」のようなサービスに参加することをおすすめします。

ICOの窓口に参加しないとまずい理由

こちらでは一般公開されていない、プロが独自のルートで仕入れて来た優良ICO情報が提供されています。

また、仮想通貨やその他の投資でもよく言われることなんですが、分散して「リスクヘッジ」をした方が良いという話もよく耳にしますよね。

ただ、これって完璧なリスクヘッジにはなっていないと思いませんか?

分散したところでどれもダメだったら、資金は無くなりますからね。

これは私の場合のリスクヘッジなんですが、参考にして頂ければと思います。

私の場合はもともとビジネスをやっていて、そこで得た利益の一部を投資に回しています。

ですので、仮に投資で失敗したところで、生計を立てる分のお金は残しているので問題ありません。

さらに、投資でお金が「0」になったとしても、「0」からでもお金を生み出せるビジネスなので、全く心配要らないです。

私の投資の「リスクヘッジ」は、何か1つお金を生み出せる「ビジネス」を構築しておくことだと思っていて、私の場合は「ブログアフィリエイト」というビジネスをやっています。

ブログアフィリエイトには、年間1万円程度のコストしかかからず、1度構築してしまえばほとんど時間をかけることなく、収入を得ることが出来るのです。

これはインターネット上に不動産を持っているようなもので、ブログという物件が毎月安定した収入を生み出してくれます。

そんな投資のリスクヘッジとしても使えるブログアフィリエイトに興味のある方は、下記の記事も見てみてください。

ブログアフィリエイトの基本についてはこちら

ブログアフィリエイトで本格的に稼ぐならこちら

※このブログへはじめて訪れた人に読んでもらいたい記事
剣八が「ブログビジネス」と出会って劇的に人生が激変した話

※現在定期的に下記講座を無料で開催しています。(自由を手に入れ、だらしなくなってしまうかもしれないので注意を。笑)
「理想の生活」を手に入れるためのブログの稼ぎ方「メール講座」に参加してみる

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

お問い合わせはこちらから



現在何か悩みを抱えている方や理想の生活を手に入れたいという方はご相談頂ければと思います。

「稼げる個人」になるために読んでおきたい記事

【新企画】Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

2018.03.16

映画プーと大人になった僕を観て教えられた「なんにもしない」が最高の何かに繋がること

2018.09.22

会社に捉われる時代はもう終わり!個人で生きる道をみつけよう!

2018.08.17

あなたは趣味を諦めてませんか?趣味に没頭できる生活を手に入れる方法

2018.07.30

働き方改革で副業解禁!東京オリンピックに備えてやるべきこと

2018.08.24

【熱盛2018】剣八お墨付きの商品一覧を大公開!

2018.08.28

後発組のためのブログアフィリエイトステップ講座

後発組(初心者)がブログアフィリエイトで稼ぐための戦略をお伝えるための基礎講座です。


高額スクールを販売するプロダクトローンチで「役者を使った詐欺の事例」

【注意喚起】高額スクールの販売で「役者」が使われていることが当たり前にあります!


「悪質高額スクール診断」あなたの選んだ高額スクールを診断します

【購入前に】9割が偽物と言われるネットビジネス業界の商品を簡単に診断できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。