ポーカーポーカーの大会「スピンドルナイト」は仮想通貨がもらえるイベント

(剣八)
侍ブロガーの剣八です。

先日取り上げた「ポーカーポーカー」のアプリから、さっそく仮想通貨「スピンドル」がもらえる「スピンドルナイト」のイベント大会が開催されています。

こちらの記事でも書いた通り、私がポーカーポーカーを取り上げる理由は、「仮想通貨」が絡んでいるからです。

スピンドルナイトは何げなく開かれている大会ですが、これって仮想通貨業界から見るとめちゃめちゃすごいことなんすよね。

仮想通貨にもいろいろ種類があり、どのシーンで使われるかはそれぞれあるけど、実際にこうして実用されているのは、まだほんの一握りなので。

だからこそ私もこの大会には注目しています。

ではさっそくその大会の内容に触れていきますね。

 

個人の時代で「理想の生活」を手に入れるためのメール講座に参加する

SPINDLE NIGHTの参加条件と賞金分配ルール

まず”SPINDLE NIGHT”は簡単に言うと、「ポーカーポーカー」の大会を通して、「SPINDLE」という仮想通貨がもらえるイベントです。

ポーカーポーカーはオンラインを通して行われるゲームで、この大会はe-スポーツの一種になります。

・eスポーツとは?

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

引用元: http://jespa.org/about

e-スポーツはオリンピック競技としても選考されています。

https://ao-haru.jp/esports/2022-esports/

eスポーツはゲームをスポーツの1種と捉え、ポーカーポーカーもその1つに含まれるってことですね。

“SPINDLE NIGHT”で勝ち上がれば、賞金として「SPINDLE」がもらえるので、それを現金に換えることもできます。

なので、もしこの仕組みが発展して、これだけで生計を立てられるような人が出てくれば、仮想通貨とeスポーツ市場の進化にも繋がります。

この大会は、それだけ希望のある大会だということですね。

それでは” SPINDLE NIGHT “の参加条件と賞金ルールを紹介しますね。

・参加条件

f:id:liveinshadow:20180620152414j:plain

大会開催日時:6/18~6/25 – 22:00~24:00

f:id:liveinshadow:20180620152430j:plain
参加料:$3000+大会チケット1枚(大会終了30分前までに)
※19日以降は大会開始の24時間前から予約エントリーが可能

参加料については$3000ということですが、これはゲーム内の話で、実質費用がかかることはありません。

つまり、無料でSPINDLEを受け取れる権利があるってことです。

これはめちゃめちゃオイシイ話っすよ。

仮想通貨を無料でもらえることなんて、なかなかないっすからね。

・賞金について

f:id:liveinshadow:20180620152453j:plain

賞金総額:初期賞金$300,000
参加者が増える度に賞金$27,000ずつ増加、大会への協賛の90%が加算

・賞金分配ルールと称号

f:id:liveinshadow:20180620152508j:plain

参加者人数30名まで

1位:総額の50%
2位:総額の30%
3位:総爆の20%

参加人数31名以上で副賞アンロック

上位20%:賞金総額を山分け
1位~3位:限定称号「SPINDLE」を獲得

・大会賞品

f:id:liveinshadow:20180620152523j:plain

1位:20000円相当の仮想通貨SPINDLE
2位:10000円相当の仮想通貨SPINDLE
3位:5000円相当の仮想通貨SPINDLE

受け取り後、仮にSPINDLEが10倍以上の価格を付ければ、1位は20万円に換えれますからね。

無料で参加できて、仮想通貨が受け取れるっていうのは、本当にオイシイ話ですからね。

参加条件と賞金については以上ですが、単純にポーカーポーカーは面白いので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

私もどこかのタイミングで参加する予定です。

仮想通貨スピンドルとは?

では仮想通貨やスピンドルについて知らない方のために、簡単に説明しておきます。

スピンドルナイトに知らないで参加するより、知って参加した方がもっと面白い大会になると思うので。

まず、仮想通貨とは、インターネット上で取引される「データ化されているお金」のようなものです。

お金が形のあるアナログなものとすると、仮想通貨は形のないデジタルなものと言ったらわかりやすいでしょうか?

よく例えられるのが、Suicaなどの「電子マネー」ですが、電子マネーとの違いは、「個人間で取引ができる」ってことです。

スピンドルナイトでも、オンラインを通して「優勝したら電子マネーにお金をチャージします」ということはできませんが、仮想通貨であればオンライン上で受け渡しができます。

仮想通貨はインターネットを通して購入でき、誰にでもどこにでも送ることが可能なんですよね。

なので、例えば、アメリカだったり、ヨーロッパだったりにいる友人に、仮想通貨を送ることもできます。

現金を国際送金する場合は、1000円以上の送金手数料がかかりますが、仮想通貨であれば安く済みます。

人の手を介さずオンラインを通して「個人間取引」を行うからですね。

画像

ちなみに、仮想通貨の先駆けとなったビットコインは、日本だと上記の箇所で使えたりもします。

ビットコインでの決済機能を導入している量販店などもあるので。

仮想通貨で決済ができれば、財布を持たなくても歩ける生活が送れるってことですね。

仮想通貨には、こういったメリットがあります。

一方で、コインチェックの流出事件のように、ハッキングされるといったデメリットもあるため、自己管理することは必要ですが。

仮想通貨は銀行などが管理しているわけではなく、それぞれが管理者として自分の仮想通貨を守らなければなりません。

仮想通貨に関するメリット・デメリットについては、下記の記事も参考にしてみてください。

仮想通貨って結局のところどうなの?実際に投資してわかったメリット・デメリット

続いて、スピンドルについてですが、スピンドルは「ガクトコイン」とも言われていて、あのアーティストのガクトさんも開発に携わっている仮想通貨です。

え、なんでガクトさんが・・・

って感じなんですが、ガクトさんも仮想通貨の可能性を感じているみたいっす。

そんなガクトさんも携わるスピンドルの基本情報は以下になります。

・基本情報

名称:SPINDLE(スピンドル)
単位:SPD
総発行量:100億SPD
発行国:日本、イギリス
タイプ:ERC-20

公式サイト

スピンドルは、”投資や資産の運用を通じて、豊かな人生を送ってもらう”といったコンセプトの仮想通貨です。

ブロックチェーン技術を利用し、スピンドルのプラットフォームにて、”透明かつ公平な投資を行ってもらう”というように、投資業界で使われる予定だったコインなんですよね。

それがなぜ突然オンラインゲームにって感じなんですが。笑

その経緯については下記の記事にも書いてますが、ガクトさんがもともとマックスむらいさんと繋がりがあったからだと思うんです。

 

なので、むらいさんのアップバンクが提供するサービスで使われることになったんだと思います。

スマホに目を付けて成功したむらいさんなら、仮想通貨にも目を付けるでしょうしね。

ただ、スピンドルも「ICO」と呼ばれる資金調達の際に、いろいろと指摘されることがあって、問題になってはいたんですけどね。

私も当初は危険な仮想通貨だと思ってたんですが、ここに来て「実用」されてしまえば一気に逆転ですかね。

他に実用されている仮想通貨もまだ少ないので、ヒーロー的な存在になります。

日本では先駆けの仮想通貨に、なり得るかもしれませんね。

個人的な意見としては、過去の問題は過去の問題として、これからスピンドルのプロジェクトを通して、より良いサービスを提供していけば問題ないって思ってます。

投資する立場の人もあくまで「儲けよう」という欲望の中でやっているので、そこにリスクが伴うのは当たり前ですからね。

そもそも投機の目線で見ている人は、何か問題があった時に文句も言えないと思います。

スピンドルがこれからどう発展していくかはわかりませんが、一応、どういうコインなのかだけは簡単に知っておいても良いのではないでしょうか?

仮想通貨から見える「個人の時代」

さて、今回はポーカーポーカーというゲームアプリの大会”SPINDLE NIGHT”について取り上げましたが、”SPINDLE NIGHT”は「SPINDLE 」という仮想通貨がもらえるオンラインポーカーの大会です。

“SPINDLE NIGHT”は無料で参加することができ、1位~3位まではSPINDLE を受け取ることができるようになっています。

仮想通貨はお金に換えることもできるので、”現金化して稼ぐこともできる”ってことですね。

オンラインゲームもこれから、e-スポーツの1つとしてこうして賞金が発生するようになれば、それだけで生計を立てる人も出てくると思うので、また時代が変わることを示す大会でもあります。

それだけ希望のある大会なので、ただのオンラインゲームの大会ではなく、仮想通貨のことも勉強しながら臨めば、これからの糧になる大会にもなると思うっすよ。

これを機会に仮想通貨のことを知っても良いですしね。

また、これからこうしたオンラインを通じたサービスは、もっと増えてくるはずです。

仮想通貨だけでなく、個人間で携わることができる商品やサービスも増えてくるってことですね。

これからは「個人の時代」とよく言われますが、それは仕事ではなく、どちらかというと個人での繋がりが増えているのだと私は捉えています。

なので、そういうサービスや商品が増えて来た時に、個人でそれらに関連する仕事に携わる機会が増えてくるのだと思います。

だから結果として、「個人で仕事をする時代が来る」ってことですかね。

そのためにも、「個人で仕事ができるスキル」は身に付けておく必要があり、そのスキルの1つとして持っておくべきなのは、”オンラインに関連するスキル”です。

このスキルを最も手っ取り早く身に付けられるのが「ブログ運営」なんですが、そのブログ運営に興味のある方は、下記の記事も見てみてください。

※このブログへはじめて訪れた人に読んでもらいたい記事
剣八が「ブログビジネス」と出会って劇的に人生が激変した話

※現在定期的に下記講座を無料で開催しています。(自由を手に入れ、だらしなくなってしまうかもしれないので注意を。笑)
「理想の生活」を手に入れるためのブログの稼ぎ方「メール講座」に参加してみる

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

お問い合わせはこちらから



現在何か悩みを抱えている方や理想の生活を手に入れたいという方はご相談頂ければと思います。

「稼げる個人」になるために読んでおきたい記事

【新企画】Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

2018.03.16

映画プーと大人になった僕を観て教えられた「なんにもしない」が最高の何かに繋がること

2018.09.22

会社に捉われる時代はもう終わり!個人で生きる道をみつけよう!

2018.08.17

あなたは趣味を諦めてませんか?趣味に没頭できる生活を手に入れる方法

2018.07.30

働き方改革で副業解禁!東京オリンピックに備えてやるべきこと

2018.08.24

【熱盛2018】剣八お墨付きの商品一覧を大公開!

2018.08.28

後発組のためのブログアフィリエイトステップ講座

後発組(初心者)がブログアフィリエイトで稼ぐための戦略をお伝えるための基礎講座です。


高額スクールを販売するプロダクトローンチで「役者を使った詐欺の事例」

【注意喚起】高額スクールの販売で「役者」が使われていることが当たり前にあります!


「悪質高額スクール診断」あなたの選んだ高額スクールを診断します

【購入前に】9割が偽物と言われるネットビジネス業界の商品を簡単に診断できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。