仮想通貨SWEトークン(シルバーコイン)にデヴィ夫人も参画?石油王にはなれるのか

侍ブロガーの剣八です。

今回は、仮想通貨SWEトークン(シルバーコイン)について取り上げますが、あのデヴィ夫人も参画しているって噂も出ているんですよね。

その案件がこちら
↓↓
仮想通貨SWEトークン(シルバーコイン)

特定商取引法にも基づく表記

会社名 RESPECT MD PTE.LTD.
住所 190 Middle Road #15-08 Fortune Centre Singapore
ご担当者名 HISANORI MORIMOTO

SWE(シルバーコイン)ICOの石油事業にデヴィ夫人も参画か?

今回SWE(シルバーコイン)ICOにデヴィ夫人も参画しているという話を聞いたのは、与沢翼さんのメルマガです。

以下その内容になります。

RESPECT MD様からのお知らせです。

以下ご覧いただけますと幸いです。

元大統領夫人でありながら、今ではロコンドのCMやイッテQのレギュラーメンバーとして世界各地を、体当たりロケで回っているあのデヴィ夫人が、日本人のために石油の未来について語ってくださいました。

デヴィ夫人自身、インドネシア在住時代、石油会社の立ち上げに関わり、多くの石油王と交流をもち、 現在でも石油事業に参画しております。

デヴィ夫人は元大統領夫人というのもあり、世界中各国の政治家に繋がりを持っています。

今回の石油事業ももちろん、錚々たるメンバーが揃っており、 世界最大の原油採掘鉱区をもつ企業のCEOからのバックアップのもと、 某国大統領某国の現役閣僚からも目をかけていただいております。

普通は一切表に出てこない情報ですが、世界に社会貢献し、還元される世界にしたい。

そういった計らいにより、今回日本の方のごく一部だけにこのメールを送付させていただいております。

今すぐ情報を確認してください。

デヴィ夫人が支援する石油事業へ参加できるのはごく僅かの”日本人”だけです。

デヴィ夫人は、以前からネットビジネス業界の方たちと付き合いがあったりして、こうしたオファーに出てくるのも不思議ではありません。

また、SWEトークンは石油事業に関連するプロジェクトですが、デヴィ夫人は過去にインドネシアで石油事業を行っていたという情報もあります。

そういう経緯もあって今回のプロジェクト、および広告塔として参画しているのかもしれませんね。

ただ、私の過去の経験から言うと、芸能人や有名人が出てくる案件ってよかった試しがないんですよね(^^;

例えば、過去には押尾学さん、杉村太蔵さん、成田童夢さん、浜田ブリトニーさんといった方々を目にしたことがありますが、どれもパッとしない案件でした。

杉村太蔵さんがインタビュアーを引き受けていた不動産投資の案件では、100%利益が出るなどと言われてましたが、結局販売後には中身についてはよくわかっていなかったようで。

f:id:liveinshadow:20180723140905j:plain

成田童夢さんも仮想通貨のプロジェクトで、同様のことがありました。

f:id:liveinshadow:20180723140932j:plain

中身をよく知らないものに対して、「すごいですね、素晴らしいですね」といったリアクションを取って、安易に評価を上げているんですよね。

ただ、彼らからすれば仕事の依頼を受けて、それを実行しただけという感じなんでしょうね。

テレビ番組や講演会などと同様に仕事の1つとして。

浜田ブリトニーさんに関しては、「割引ビジネス」というものを1日限定で派遣社員としてやっていたということでした。

ちなみに、この割引ビジネスに関しては、被害者の会も立ち上がってます。

浜田ブリトニーさんの体験談

割引ビジネス被害者の会

結局、彼らの知名度を利用して儲けようとする悪徳販売者が寄ってくるんでしょうね。

今回のデヴィ夫人が関係するプロジェクトについてはどうかわかりませんが、過去にはそういうことがあったことも参考にしてみてください。

仮想通貨のICOで言うと、ガクトさんが携わる「スピンドル」というICOの案件も、1度中止になっていますからね。

シルバーウェーブエナジーを紹介する小堀ようすけ氏の不自然な点

今回、シルバーウェーブエナジーを紹介する、小堀ようすけさんについて気になった不自然な点が1つあります。

それは動画内での話し方です。

f:id:liveinshadow:20180723141153j:plain

こちらを見ると、小堀さんもインタビュアーも向き合ってはいますが、お互い目が合っていないんですよね。

いやいや、どこ見て話してんだよって感じです。笑

画像ではわかりづらいかもしれないんで、動画でもよく見てみてください。

また、最初に二人を映した以降は、それぞれ別アングルからしゃべっている方を単体で映しますよね。

これはカンペ読みをしている時によく使われる手法で、それぞれ動画に映っていないカンペを読みながら、そのまま話しているケースがあります。

実際カンペを読んでいるのかどうかの真実は、本人、および関係者しかわかりませんが、視線は明らかにおかしいですよね。笑

でもカンペを読む何が悪いのか。

と思う人もいるかもしれませんが、仮にも「アンバサダー」に指名された人間が、自分がアンバサダーを務めるコインのことを、カンペを読みながら話すこと自体がおかしいじゃないですか。

それはこのコインのことをきちんと知らない、理解していないことを示していて、そのことからも、シルバーウェーブエナジーは作り話の可能性があると言えます。

デヴィ夫人とminmin社長の対談は4:57~

ちなみに、デヴィ夫人とminmin社長の対談を聞くと、ほんとっぽい話に聞こえるんですが、デヴィ夫人も”あくまで対談に協力しているだけ”であって、シルバーウェーブエナジーのプロジェクトにがっつり携わっているかまではわかりませんでした。

もしかすると、杉村太蔵さんや成田童夢さんのパターンもありえるかもしれませんね。

まとめ

今回は、SWE(シルバーウェーブエナジー)についてでしたが、SWEの石油プロジェクトには、デヴィ夫人も参画していると紹介されていました。

しかし、動画を見るとあくまで対談に協力しているだけというようなことも言われていて、その真実はハッキリしないところです。

デヴィ夫人が関わっているのと、そうでないのとでは「情報の価値」も全く違ってきますからね。

SWEの何にどのように関わっているのかは、ハッキリさせてほしいところです。

また、デヴィ夫人とは関係ないことですが、アンバサダーの小堀さんの話し方も不自然で気になります。

これがカンペ読みだった場合には、SWEも誰かが作って持ってきた話という可能性も出てきますからね。

ICOも今は日本で行うことや紹介することは禁止されているので、海外に会社だけ作って紹介は日本で行われたりすることが増えています。

しかし、海外から持って来た優良なコインという話は、いくらでも作ることができるため、十分に気を付けて参加して頂ければと思います。

SWEトークンについては、もう少しシルバーウェーブエナジー社などの会社情報も追っていきたいです。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

f:id:liveinshadow:20180627150045j:plain

個人の時代で「理想の生活」を手に入れるためのメール講座に参加する
※「個人の時代」を生きる上で、会社や誰からの干渉も受けずに自由気ままに暮らす「理想の人生」を手に入れる方法をお伝えしていきます。

f:id:liveinshadow:20180626152030j:plain

高額スクールを販売するプロダクトローンチで「役者を使った詐欺の事例」
高額スクールの販売で「役者」が使われていることが当たり前にあることを知ってください。

悪質
「悪質高額スクール診断」あなたの選んだ高額スクールを診断します
9割が偽物と言われるネットビジネス業界の商品を簡単に診断できます。

現在悩みを抱えている方や理想を叶えたいという方は、こちらの記事からお問い合わせください。

「個人の時代」の中で「自由な生活」を送るために具体的に必要なものをお伝えしています。

f:id:liveinshadow:20180607152508p:plain

後発組のためのブログアフィリエイトステップ講座
この講座を実践すればすぐにブログアフィリエイトを始めることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。