谷中伴行氏の仮想通貨アービトラージシステムTFAで稼げない人

(剣八)
侍ブロガーの剣八です。

今回は、谷中伴行さんの仮想通貨アービトラージシステムTFAについて取り上げます。

その商品がこちら
↓↓
https://www.arbitrage-tfa.com/

特定商取引法に基づく表記
販売事業者名 合同会社クリプロ
運営統括責任者 谷中伴行
所在地 東京都品川区東五反田2丁目8-5 5階

「仮想通貨はもう終わった」
「仮想通貨はもう稼げない」
「仮想通貨はリスクが高い」

そんな悪いイメージしか持っていない方には、今回の情報を目にすると一転して「もう1度だけ仮想通貨で稼いでみようか」となるかもしれません。

この記事は、

・まだまだ仮想通貨で稼ぎたい
・もう仮想通貨で損をしたくはない
・これまで仮想通貨で稼げたためしがない

という方に読んで頂ければと思います。

この記事をすべて読み終えた後には、仮想通貨で損をしない稼ぎ方を体系的に理解し、もう1度仮想通貨で稼いでみようかなという気持ちになっていることでしょう!

元FXCMジャパン社長谷中伴行氏のTFAを購入したきっかけ

 

昨年の仮想通貨バブルによって、ビットコインも一時250万円台に付けましたよね?

(剣八)
私も、「今年もその勢いが続いて1000万円台まで行くんじゃないの」という淡い期待を抱いていた一人です。笑

しかし、今年は一転、価格は落ちてくばかりで、まさに「大暴落期」と言える年になりました。

そして、その価格は今ココです

チャートを見てもわかるように、たったの1年で5分の1くらいまで減りました。

(剣八)
もうね、笑えないけど、笑うしかないです。笑

おそらく、資産を3分の1以下に減らした方も多いんじゃないでしょうか?

その資金のほとんどは、私たちの知り得ない「大口投資家」の資産となっていることでしょう。

こんな風に、まともに仮想通貨トレードをやろうとすればするほど、そのお金は上流層の大口投資家へ資金が流れる仕組みになっているんですよね。

相場はすべて操作されているので。

その他にも今年1年の流れとしては、マイニング、ICO、自動売買システムなどの販売がありましたが、結局どれも稼げるものではありませんでした。

稼げたのは、それを販売していた人たちだけ。

そんなところで意気消沈して、「もう仮想通貨やめよっかな」って思ってた人もいるんじゃないですか?

でも、どうにかまだ仮想通貨で稼ぐ方法はないのかと探しに探した結果、今年最後にたどり着いたのが、この仮想通貨アービトラージシステムなんです。

もちろん、アービトラージシステムもこれまでに何度か出てきたんですが、今回のはちょっと違って「元機関投資家」が関与しているんですよね~。

価格も3万円だし、それなら私も買ってやってみようかな~と思った次第です。

仮想通貨アービトラージシステムTFAを検証した結果

 

(剣八)
結論から言ってしまうと、仮想通貨アービトラージシステムTFAは、まぁまぁ稼げます!

うまくいけばそれこそ月利10%くらいは稼げます。

ただし、”ある条件”を満たしていない方は、それほど稼げるシステムではないんですよね~。

その”ある条件”に関しては、また後ほど詳しく書きます。

で、実際に検証してみた感想なんですが、1日のチャンスとしては10~30回あると言われてましたが、今のとこ30回行く日はほぼほぼないですね。

まぁそんなにチャンスがあればもっと稼げてると思うんで。

ただ、勝率が高いのは納得で、そもそもアービトラージなので「負ける要素」が少ないです。

アービトラージとは簡単に言うと転売のようなもので、仮想通貨を安く仕入れて、別の取引所で高く売り、その利ザヤを抜いて稼ぎます。

例えば、Aの取引所でビットコインの価格が50万円だったとして、Bの取引所では51万円だった場合、Aで1BTC買ってBに移動して売るだけで1万円の利益が出ますよね?

アービトラージとは、「取引所間の価格差」を利用して稼ぐんですが、仮想通貨アービトラージシステムTFAは、その価格差を教えてくれるツールなんですよ!

なので、あとはそのツールが、「今、ココとココの取引所で価格差がありますよ~」って教えてくれるのを待って、その指示が出た時に取引するだけ利益を出せます。

(剣八)
ね、簡単すよね?笑

取引所間を移動させるだけで稼げる移動ビジネス

言ってみればこれは、取引所間を移動させるだけで利益が出せる、”移動ビジネス”なんです。

この移動ビジネスの勝率に関して言えば、実際に指示が出て取引所間の価格差を自分の目で確かめれば、まず失敗することはないので98%でも不思議ではありません。

トレードと違って目で確かめることができるんで、リスクは格段に低くなります。

また、仮想通貨は株やFXと違い、24時間いつでも取引ができるので、主婦やサラリーマンなど、時間が限られている方にも向いている稼ぎ方ですよ。

アービトラージを他の仮想通貨の稼ぎ方と比較してみた

 

仮想通貨は主に、マイニング、ICO、現物トレード、FX、などの稼ぎ方がありますが、これらと比較してもアービトラージには

・利益が出るまでの時間やコストがかからない
・イチかバチかのギャンブルではなく確実に利益を狙える
・暴落による大ダメージを受けることがない
・無理な取引はしなくて良い

といったメリットがあることがわかります。

利益が出るまでの時間やコストがかからない

まず、マイニングと比較すると、マイニングはマイニング専用のPCが必要になりますよね。

これを揃えるのに最低でも20万円以上の費用がかかります。

つまり、この20万円を回収するまで利益も出ないってことです。

また、電気代も1日に1000円以上かかるとなると、1ヶ月で3万円以上のランニングコストがかかる計算になります。

1ヶ月で掘れる量は0.036程度なので、今のレート(約50万円)で計算すると月に18000円程度の利益しか出ません。

(剣八)
そう、電気代を削ると赤字ですね。笑

それに比べてアービトラージは、専用のPCを揃える必要はないし、ランニングコストもかからないんでリスクがありません。

今は、ビットコインの下落により大手マイニング工場も軒並み潰れてますが、その点「取引所間の移動」だけで気軽に稼げるアービトラージは、やっぱり稼ぎやすいと言えます。

イチかバチかのギャンブルではなく確実に利益を狙える

続いて、ICOと比較すると、ICOは5倍10倍といった価格が狙えますよね。

ただし、それはあくまでも値段が高騰した場合で、価格割れして損をすることもあります。

また、ICOも数え切れないほどの種類があり、その9割以上が詐欺と言われていますよね。

中には実態すらなかったってものも。

一方で、アービトラージは、もう価格差があるとわかった上で確実に利益を狙えるので、リスクはほぼ0に等しいと言えます。

(剣八)
リスクの高いICOで一攫千金を狙うか、アービトラージで確実に利益を積み上げるか。

どちらを選ぶかってことですね。

暴落による大ダメージを受けることがない

続いて、現物トレードと比較すると、現物トレードでよくあるのが、気づいたら暴落して手放せなくなったということです。

(剣八)
正直、仮想通貨がいつ暴落するなんてことはわからないですよね?

そんな中握って価格が高騰するのを待たなければならないんです。

しかし、悪いニュースが流れて急落すれば、もうどうすることもできません。

良い例を挙げると、コインチェックのNEX流出事件なんてまさにそうでしたよね。

いつハッキングされたかなんてわからないし、保証されるかどうかもわかりません。

そんな損失のリスクが高い取引ができますかって話です。

一方で、アービトラージは仮想通貨を持ち続けるわけではないので、価格差が出た時に購入して交換が終わったらまた元に戻して次のチャンスを待つだけですね。

1つのコインを保有する時間が短いだけに、現物取引と比べて非常にリスクは低いです。

無理な取引はしなくて良い

最後に、仮想通貨FXとの比較ですが、仮想通貨FXの最大の魅力は、売っても利益を出すことができ、レバレッジもかけられるってことです。

しかし、この手法は「ハイリスク・ハイリターン」な稼ぎ方で、それこそ一瞬にして何千万という資金を溶かした人もいます。

また、ボラティリティが大きく、暴騰暴落の多い仮想通貨の相場では、かなりリスクの高い稼ぎ方と言えるでしょう。

(剣八)
下手するとタイミングによっては、借金を抱えるということにもなるので、一瞬にして人生が終わったという人も実際に出ています。

一方で、アービトラージはレバレッジをかけて無理な取引をする必要はないし、借金を背負うような取引もありません。

アービトラージシステムを使うと作業が格段に楽になる

 

アービトラージはめちゃめちゃ面倒な作業が必要

アービトラージはリスクがなく、確実に利益を積み重ねられる稼ぎ方とわかって頂けたと思いますが、もちろんデメリットもあります。

(剣八)
それは、作業がめちゃめちゃ面倒だということです。笑

もう1度アービトラージの稼ぎ方をおさらいですが、AとBの取引所間による価格差で利益を出すでしたよね?

つまり、アービトラージで稼ぐなら、AとB間の価格差を常に見ておかなければならないってことです。

もっと言うと、取引所は2つだけじゃないんで、常日頃からいくつもの取引所による価格差を見てなければ稼げません。

(剣八)
そう、物理的に無理なんですよ。笑

「いくらリスクがなく、確実に利益を狙える」と言っても、そんなに労力がかかるんだったらやる意味はないです。

むしろ、バイトで稼いだ方がマシですよね。笑

面倒な作業はすべてシステムに任せてしまおう!

そこで取引所の価格差を調べるのは、システムに任せてしまおうってことなんですよ!

よく転売でもこの価格差をみつけるツールはあるんですが、あのAmazonにある膨大な商品数の中でもみつけられたりするんで、仮想通貨でそれを行うのは容易です。

物販ほどの数があるわけじゃないですからね。

価格差を調べるのはシステムに任せてしまって、私たちはその情報をもとに交換作業をするだけ。

そういった意味でも、システムを使ってアービトラージで稼ぐのって、かなり合理的なんですよ。

作業もめちゃめちゃ楽だし、システムが拾ってきた情報を参考にするだけで、あとは実際の価格差を確認し、コインを移動させ、取引するだけ。

これが”移動ビジネス”の真骨頂です。

(剣八)
システムを使うだけで、こんなに楽して簡単に稼げてしまうんで、正直めちゃめちゃ有り難いです。笑

私も普段なら楽して簡単に稼げるビジネスなんて奨めないんですが、これに限っては仕組み的に実際にあり得ることなので。

それでいてリスクが低いっていうのは、良いですよね~。

アービトラージシステムThree Flow Arbitrageを選んだ理由

 

でも数あるアービトラージシステムの中で、どうしてThree Flow Arbitrageを選んだのかっていうのは気になりますよね。

機関投資家が監修したツール

その1番の要因としては、「機関投資家」が監修していたからです。

今回このThree Flow Arbitrageを監修しているのは、谷中伴行さんですが、実は元FXCMジャパンの社長で機関投資家を務めていたってことなんですよ。

・機関投資家とは

生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のことをいいます。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ki/J0092.html

つまり、多くの人から信頼されお金を運用している、プロの中のプロってことですね。

そんな機関投資家だった谷中伴行さんが監修をしているので、これは間違いないだろうと思って私も使ってみることにしました。

これまでにアービトラージシステムも他にありましたが、機関投資家のお墨付きや監修といったものはなかったですからね。

もちろん、最初から100%信じてたわけではなく、実際に使ってみてどうなのかというところで検証をしました。

(剣八)
その結果、このシステムは使えると確信できたので今も使い続けています。

Three Flow Arbitrageのメリット

また、Three Flow Arbitrageには以下のようなメリットも。

1.「勝率」が圧倒的に高い
2.トレンドの影響を受けない
3.取引チャンスが多い

1.「勝率」が圧倒的に高い

Three Flow Arbitrageは、FXや株などのトレードと違い、あくまでも取引所間の価格差を利用して利益を出せます。

つまり、答えのわかった状態(カンニング)で取引ができるので、勝率も必然的に高くなるってことですね。

2.トレンドの影響を受けない

仮想通貨で特に怖いのは、トレードがトレンドに左右されるということです。

タイミングを逃してしまうと、気づけば塩漬け状態になりますよね。

しかし、アービトラージは、あくまでも取引所間の価格差を追うだけなので、トレンドなんて関係ありません。

上げトレンドだろうが、下げトレンドだろうが、価格差さえあればいつでも利益を狙えるし、塩漬けで損失を出すリスクもないです。

3.取引チャンスが多い

仮想通貨の取引所間の価格差というのは、本当に多々あります。

常に同価格というわけでもないし、国内だけじゃなく世界各国の取引所を含めれば、日々どこかしらに価格差が生じているので。

Three Flow Arbitrageは、1日10~30回のチャンスがあるので、毎日利益を積み重ねることができますよね。

なんと言ってもその作業が簡単すぎる

Three Flow Arbitrageにはこれだけのメリットがあるんですが、その真骨頂となるのが「作業が簡単」だということです。

実際の作業は、

1.メールを受信
2.価格差
3.利確する

たったのこれだけ。

(剣八)
メールを見れて、価格差を確認でき、利益を確定さえできれば稼げるんですよね。

普通は、機関投資家が関与するシステムなんで、何か難しいことでもあるんじゃないかなと思うんですが、そういうわけでもなく、作業はシンプルです。

作業のイメージはこちら

これがFXや株のトレードとなると、ツールに任せっきりじゃ危ないってこともあるんですが、転売ビジネスと同じように「価格差を見るだけ」なんで、100%ツールに任せっきりで良いんです。

自分は確認作業と利益を確定すること。

ただそれに集中するだけなんで、本業の支障にもならないし、稼ぎたい時に自分のタイミングで稼げます。

中でも、今回1番のポイントとなるのは、価格差が発生したタイミングをリアルタイムで教えてくれることですね。

(剣八)
それができるのも、メールで知らせてくれる機能があるからです。

これがなければ四六時中チャートに張り付いて、サインを待たないといけないんですが、メールが来たら取引所を確認すれば良いので無駄な時間がありません。

先ほど本業の支障はないと言いましたが、メールがバンバン来ると利益が獲りたくて仕方なく集中できなくなるかもしれませんよ。笑

そこは自分でコントロールしてくださいね。笑

・深い金融知識が必要ない
・複雑な操作も必要がない
・取引前に利益まで分かる

以上のことからも、私は今回Three Flow Arbitrageを使っていくことにしました!

実は今、アービトラージシステムが熱い

 

実は今、アービトラージシステムが熱いって知ってましたか?

今1番手堅く稼げるのはアービトラージのみ

仮想通貨も市場全体が停滞傾向で、先月11月はビットコインの価格も1ヶ月で3割減少しました。

この下落傾向はまだ続くと言われていて、次は22万円台まで下がることが予想されてます。

この話を聞けばわかると思いますが、相場自体はまだまだ下げ続ける可能性があり、今市場に参入するのもとてもリスクが大きいです。

ICOも規制がかかるって言われてますからね。

また、ビットコインの価格の減少によって、マイニングでも稼げなくなっています。

つまり、今、仮想通貨で稼ぐ選択肢として残されているのは、相場の下落の影響を受けない、「アービトラージ」と「FX」ってことです。

とは言っても、FXは先ほど言ったようにリスクが大きいので、素人が手を出せば損失を出すリスクがあります。

ってことは、やっぱり「アービトラージが一番堅い稼ぎ方」ってことがわかりますよね。

世の中の稼げるビジネスには原則がある

ちなみに、世の中の稼げるビジネスや投資の原則として、3つのポイントがあるのは知ってますか?

そのポイントというのがこちら

・みんなが目を付ける前
・トレンドが来る直前
・みんなが忘れた頃

仮想通貨もみんなが目を付ける前から持ってた人は億り人になり、トレンドが来る直前で乗った人はある程度の恩恵を受け、トレンドが来た時に乗っかった人は損をした。

そして今、200万円台だったビットコインの価格が50万円を割り、もう市場自体は完全に衰弱しきっている状態です。

ビットコインの価格が噴いた去年の12月のことなんて、もうみんな忘れちゃってますよね。

(剣八)
そう、つまり今がみんなが忘れた頃に当たる時期なんです!

アービトラージシステムも、去年の末から年の始めまではいくつか出てましたが、そのトレンドも終わり、仮想通貨市場の衰退によってもう周りも忘れてますよね?

なんなら、仮想通貨自体をなかったことにしようって思ってるんじゃないですか。笑

なので、これからまたアービトラージシステムが熱い時期に入ってくると言えるでしょう。

このタイミングだからこそ買った方が良いツール

相場自体は減少傾向なので、他の稼ぎ方はまだまだ次のターンが来るまで時間がかかりそうですが、アービトラージは相場は関係ないのでもうそのターンが来ていると言えます。

「そのタイミングでこのシステムをリリースする」

これも機関投資家としての読みなんじゃないかと私は思ってます。

だからこそ今までアービトラージシステムに手を出さなかった私も、ここに来て手を出したっていうのもありますね。

タイミング的にはバッチリとハマって、しかもそれが機関投資家が監修するものなんで、このツールは買うべきだなって思いました。

谷中伴行氏のTFAで稼げない人。このツールに隠された最大の落とし穴

 

ここまでの話からも、谷中伴行さんのTFAはメリットだらけで、むしろデメリットを挙げようがないシステムなんですが、実はこのシステムで稼ぐ上で隠された最大の落とし穴があります。

その最大の落とし穴を知っておかないと、このツールを手にしてもその力を最大限に発揮して稼ぐことはできませんからね。

その落とし穴というのが・・・

(剣八)
ずばり、資金です!

アービトラージは、リスクが低く確実性が高い分、利益率に関しては普通のトレードよりも低いです。

なので、どれだけ利益を出せるかは、資金にもよるってことですね。

その資金は、あればあるだけあった方が良いってことが言えます。

もちろん、最初は3万円~5万円くらいでも稼げることは稼げるんですが、もっと稼ぎたいという方はさらに追加資金を用意した方が良いです。

しかし、追加資金を用意すると言っても、今の給与ではそれ以上の追加投資はできないって人もいますよね。

本当は毎月2,3万円ずつでも追加できれば良いんですけどね。

それができないって人は、このシステムを最大限に活かして稼ぐことができないってことを、頭に入れておいた方が良いでしょう。

(剣八)
ただし、そんな方のために、今回私からは2つの強力な特典を用意させて頂きました。

その2つがこちら

1.全くの「0」からコストをかけることなく稼ぐ仕組みを作る方法
2.最短最速で資金をかき集める方法

ぶっちゃけ、1に関してはきちんと取り組んで頂ければ、このTFAよりも稼げる内容になっているんで、そこで稼いだ資金の一部をTFAに回して頂き、残った資金は自分の好きなように使って頂ければと思います。

2に関しては、最初の3~5万円の資金を用意できないという方のために、最短最速でその資金を用意する方法を教えます。

この2つを駆使して頂き、まずは「稼げる環境」を整えて頂くということですね。

なので、この2つの特典が欲しいという方は、以下よりTFAへ申し込んでください。

TFA最大の落とし穴を埋める2つの特典を受け取る

追加特典1:仮想通貨のすすめ「疾風迅雷」

 

今回TFAを購入頂いた方には、上記2つの特典とは別に以下の特典も受け取って頂きます。

・剣八が収集している仮想通貨に関する情報を
いち早く得ることのできるコミュニティサイト
「仮想通貨のすすめ」参加権利

※定期的に更新していく形式です

・仮想通貨に関する相談、サポート権利(無制限)

・剣八が仮想通貨を勉強したサイトの公開

・剣八が情報収集で最も信頼を置いているサイトの公開

・5万円でも大きな利益を狙える仮想通貨投資法

・仮想通貨の値動きを見極めるための最適な手段とは?

・これから2倍、3倍に価格が伸びるアルトコインのみつけ方

・ビットコインの価格が急落した際に逃がすべきコイン

・ビットコインの適正価格を知り、
急騰急落によるチャンスとリスクに備える

・ビットコインを購入する際の注意点

・ビットコインを使って最も効率的に
仮想通貨取引を行う方法

・長期売買を行う場合のチャートの見方

・アルトコインの概要まとめ

上記特典は、仮想通貨を稼ぐ上で役立つ内容になってますが、「疾風迅雷」という名前の通り、できるだけ早く稼げるようになって頂くために用意したものです。

こちらは私が仮想通貨で稼げるようになるまでに実際に辿った内容でもあるので、まだ仮想通貨で稼げていないという方には、ぜひ参考にして頂き、できるだけ早く稼いで頂ければと思います。

仮想通貨のすすめ「疾風迅雷」を受け取る

追加特典2:剣八式仮想通貨の稼ぎ方「疾風怒濤」

 

・国内外のアービトラージで稼ぐ方法

・ビットコイン⇔アルトコインの超短期トレードで
フィアット資産を2倍3倍と増やしていく裏ワザ

・仮想通貨最新トレードポイント

こちらの特典は、実際に私が仮想通貨で稼いだ手法をそのまま教えているものです。

この特典は、仮想通貨で今よりもさらに加速して稼いで頂けるように用意しました。

まだ、トレードで利益を出したことがない、アービトラージをイマイチわかっていないという方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

剣八式仮想通貨の稼ぎ方「疾風怒濤」を受け取る

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。