あなたの人生を変える10日間のメール講座

森川くみこ氏のスクール「オーダーメイド物販」はメルカリを使ったブランド転売

(剣八)
昨今、転売(物販)の中でも人気の1つとして「メルカリ転売」が挙げられますよね。

最近はメルカリを使って不用品を売ることが、番組の企画になってたりしますからね。

メルカリの利用者が多いのも写真を撮って気軽に出品できるからでしょうか?

このメルカリを利用した物販スクールも増えていますが、今回はその中でも、森川くみこさんが教える「オーダーメイド物販」と呼ばれるスクールを取り上げます。

この森川さんの存在については私も昔から知ってたんですが、最近またよく目にするようになったので、改めて何をやっているのか追ってみました。

Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

森川くみこさんのスクール「オーダーメイド物販」の概要

森川くみこさんのプロフィール

まず、森川くみこさんの簡単なプロフィールです。

・新卒で保険会社に入社
・退社後半年間ニートを経験
・酒屋の配達員になるも骨折
・骨折中に副業で物販を始める
・半年で独立する
・物販コミュニティを創設

物販を始めたのは2016年の2月で、2018年頃まではヨーロッパ輸入や中国輸入を軸に取り組まれていました。

参考ページ:https://www.seminarjyoho.com/teacher_show_133310.html

その後コーチングやマーケテイングなども学びながら、今回のオーダーメイド物販とは別に物販スクールも運営されたいた過去もあります。

そして現在はオーダーメイド物販を教えながら「女性の働き方支援」をされている状況です。

森川くみこさんの会社

森川さんが最初に立ち上げたのは「株式会社Inteforce」で、この会社では物販とコーチングやコンサルをやっていました。

物販に関してはおそらくその当時稼いでいた転売のスクールをやっていて、コーチコンサルに関しては恋愛を中心としたものになります。

その後現在は「株式会社merone」を立ち上げ、オーダーメイド物販を教えながらオンラインビジネスやリモートワークの支援を行っている状況です。

手法はメルカリを使ったブランド転売

オーダーメイド物販の手法は「メルカリ転売」です。

メルカリ転売とは出品先がメルカリとなり、Amazonやヤフオクなどのネットショップから商品を仕入れて出品するのが一般的です。

冒頭でもお伝えしましたが、メルカリは写真を撮って気軽に出品ができるため、フットワーク軽く実践できるメリットがあります。

ただオーダーメイド物販の場合は普通のメルカリ転売と違い「独占卸」というのが特徴で、卸業者から安く仕入れて売れるのが特徴です。

この卸業者は森川さんが独占契約しているところなので、独占的に仕入れることができるのが強みになっています。

ここからコスメ、アパレル、ハイブランド等を仕入れてメルカリで転売するのが、オーダーメイド物販の基本となります。

森川くみこさんの「独占卸オーダーメイド物販」で稼ぐ流れ

1ヵ月目:レビューを貯めてアカウントの信頼性を高める

1ヵ月目はできるだけ安い商品を扱い、評価やレビューを付けることから始めます。

転売をやる場合この評価が重要で、評価が高いほど選ばれやすくなりますからね。

また、評価が付くことにより、キーワード検索で上位表示を狙いやすくなるメリットもあります。

なお、独占卸オーダーメイド物販では、業者が評価稼ぎ用の商品を用意してくれることもあるようです。

2ヶ月目:高単価入ブランド仕入れで売上アップ

ある程度レビューが集まって来たら、続いてハイブランド品を扱っていきます。

ハイブランド品は高単価なものが多く、高い利益を出しやすいメリットがありますからね。

レビューがある程度集まっていれば売りやすいでしょう。

3ヶ月目:外注化を視野に入れて自動化も

ハイブランド品を繰り返し売って、ある程度資金が貯まってくれば、外注化することもできます。

メルカリ転売でネックになるのは在庫を抱えることで、自宅に大量の商品が届き発送に追われることです。

利益が大きくなり出品数が増えてくれば、発送作業などを外注化するのも1つの手ですね。

もちろんその分利益率が下がることもありますが。

森川くみこさんのメルカリブランド転売のメリット

森川くみこさんのメルカリブランド転売には、3つのメリットがあります。

リサーチが不要

オーダーメイド物販はリサーチが不要ということです。

通常のメルカリ転売では、利益の出る商品を他のネットショップや店舗で探して来ないといけません。

しかしオーダーメイド物販の場合は、独占契約の卸業者さんから直接仕入れるだけなので、リサーチはすべてその業者さんに代行できます。

利益率が高い

オーダーメイド物販は利益率が高いと言われています。

利益率は平均で、40%~70%と言われていて、実際に

・780円で仕入れた服が8000円
・280円で仕入れたコーデュロイパンツが3450円
・280円で仕入れたスカートが6500円

で売れた事例も出ていました。

作業がシンプル

オーダーメイド物販の作業はシンプルです。

面倒なリサーチは卸業者がやってくれるため、自分の作業は届いた商品の写真を撮って出品し、売れたら発送を行うだけになります。

1.スマホから卸会社に商品を注文する
2.届いた商品をスマホで撮影する
3.メルカリに出品して売れたら発送

この単純作業で稼ぐことができると言われていました。

実演動画

森川くみこさんのメルカリブランド転売のデメリット

森川くみこさんのメルカリブランド転売には、3つのデメリットがあります。

大きく稼ぐなら資金が必要

オーダーメイド物販で大きく稼ぐには、資金が必要になります。

例えば、初月から10万~30万円は稼げると言われていますが、平均利益率が50%の場合で計算しても・・・

30万円の利益を出すなら30万円の仕入れ資金で60万円の売上を達成する必要があります。

30万円ってなかなかの金額ですよね(^^;

男性には向かない

オーダーメイド物販は男性には向きません。

というのも、取り扱う商品の中に「コスメ」も含まれているからです。

もちろん男性はコスメの知識がない方がほとんどでしょうし、事例を見ると他の服やバッグのブランド品も女性ものが多いですからね。

まぁ森川さん自身「女性の働き方」をコンセプトにやっているので、そもそも男性が参加することは少ないでしょうが。

在庫を抱えるリスク

オーダーメイド物販は在庫を抱えるリスクがあります。

これはどの転売にも共通して言えることではありますが、在庫を抱えるということは売れ残りも出てくるわけですね。

場合によっては赤字になるリスクもあるので、仕入れには気を付けながらやった方が良いでしょう。

森川くみこさんのオーダーメイド物販における4つの懸念点

森川くみこさんのオーダーメイド物販には、4つの懸念点があります。

中古品を扱う場合は古物商許可証が必要

オーダーメイド物販では「中古ブランド・アパレル商品」を扱うと書かれていますが、中古品を扱う場合は「古物商許可証」の申請が必要です。

リサイクルショップなどの中古品を扱う店も実際これを取得していますからね。

これは「古物営業法」という法律で明確に定められていて、もしそれを破った場合は当然ながら法律違反になるリスクがあります。

古物営業法について(愛知県警察HPより)

オーダーメイド物販をやる場合には必ず取得する必要があるでしょう!

偽ブランド品だった場合は逮捕も

メルカリとはじめとするフリマアプリやネットオークションで、偽ブランド品を販売すると逮捕されるリスクがあります。

盛岡市の50代課長補佐フリマアプリ上で偽物の売買で逮捕

なお、上記ケースは偽ブランド品と知りながらの販売で逮捕されましたが、転売のように”利益を目的とした行為”の場合、偽ブランド品と知らなかった場合でも逮捕されるケースはあります。

オーダーメイド物販でも、もし自分が仕入れたものが偽ブランド品と知らなかった場合でも、これに当たる可能性はあるってことですね。

塾生同士がライバルになる

オーダーメイド物販には、すでに400人もの成功者がいると言われています。

しかし裏を返せば、その400人に+αでこれから参加される方が、競合になる可能性は高いですよね。

なぜなら仕入れ先は1つしかないからです。

(剣八)
オーダーメイド物販の強みは独占であることですが、人数が増えればその独占の強みもなくなってしまうのではないでしょうか?

ですから、私としては森川さんがこの仕組みを他の人に共有していること自体が疑問です。

過去に偽名を使っている

森川くみこさんは過去に「山川ゆみ」という偽名を使ってスクールの販売を行っています。

当時の販売ページがこちら

その時偽名が使われていた特商法の情報がこちら

特定商法取引法に関する表示
販売会社:合同会社 Space
運営責任者:山川ゆみ
所在地:東京都港区南青山四丁目27番1号

https://youtu.be/KOd5z5JQGx0

※現在非公開中

森川さんはこちらの動画でうっかり芸名を使ってしまったと弁明していますが、芸名(ビジネスネーム)を使って動画出演すること自体は何ら問題ありません。

そうではなく、法的な開示義務がある「特定商取引法に基づく表記」の記載に芸名を使用することが完全に違法だったので炎上したというのが実のところになります。

特商法を本名、あるは代理人などの実在する名前を使っていて、ビジネスネームとして山川ゆみを名乗っていたのなら問題ありませんでしたがこれは普通にアウトなんですよね。笑

そもそも動画に芸名で出演したことが問題だったのではなく、特商法に偽名を使っていたのが問題だったので論点もズレています。

まぁ過去は過去なので、もう過ぎ去ったことになりますが、なぜ偽名を使って販売をしていたのかは疑問に残るところではありますよね。

商品の中身がよくなかったのか、あるいは他に後ろめたいことでもあったのか・・・。

といったツイートもあるので、一流の対応をしてくれると良いですが。

森川くみこさんは評判のよくない著名人との付き合いも

森川くみこさんについて調べてみると、評判のよくない著名人との付き合いもありました。

野呂田直樹さん

まず1人目は、野呂田直樹さんです。

https://kumikomorikawa.com/session-2/

野呂田さんはこちらのページにて、”森川さんは大きなプロジェクトを一緒に行った盟友”と書かれていました。

しかし、この野呂田直樹という人物は、ネットビジネス業界でとんでもない商品を連発して来た人物です。(悪い意味の方で)

過去には

・割引ビジネス
・JRA倶楽部
・ドバイ大富豪の教え
・カタログビジネス
・ファストパス年金システム
・iPhone修理ビジネス

などの商品をプロデュースしていて、それぞれ上記「商品名+評判」などで検索をすると、その評判や中身についていろいろと情報が出てきます。

そして、森川さんが「山川ゆみ」の偽名で過去に販売された「山川ゆみの秘密の稼ぎ方」も、この野呂田さんがインタビュアーを務めていた作品です。

当時、野呂田さんのプロデュースを受ければ売れるのは間違いなかったですが、その一方で、その売り方や中身がお粗末なものだっただけに、悪評が乱立していた状態でした。

なぜ彼のような人と仕事をするのかを選んだのかは疑問ですね。

松宮義仁さん

続いて2人目は、松宮義仁さんです。

松宮義仁さんもネットビジネス業界では有名な方ですが、2019年に税金の申告漏れで国税からの指摘を受けています。

その額なんと3億3000万円。笑

情報商材販売で申告漏れ 3億3千万円、国税指摘(日経新聞)

なお、松宮義仁さんは自身が開発した仮想通貨NAGEZENIをNZオーナーズクラブと一緒に販売し、集団訴訟も受けています。

【集団訴訟に向けて】NZオーナーズクラブの松宮義仁について

その請求額はなんと1億超えです(笑)

といったように、松宮さんも決して評判の良い人ではありませんが、森川さんはその松宮さんと過去にラジオで共演したりもしています。

https://socialzine.net/articles/vk7Q3

ネットビジネス界隈のこういう人たちと付き合いがあるところを見ると、やはりどこかで同じ括りの人なのかという心配は出てきますよね。

森川くみこさんが物販スクール「RICH」を公開!

森川くみこさんの独占卸オーダーメイド物販ですが、最終的には「RICH」と呼ばれる物販スクールの案内があります。

その流れがこんな感じです。

オーダーメイド物販の無料登録⇒1000円の実践ワークセミナー⇒RICH

RICHの価格は”29万8000円”と、ここ最近のスクールの中では少し割高かなって思いますね。

なお、RICHの内容は以下の通りです。

・概要

女性の自立を目的とした物販ビジネスオンラインスクール
アパレルやブランド品の売り方
仕入れ先の提供
収益化のコツ

・特徴

手厚いサポート
繰り返し学べるコンテンツ
一生の仲間

・講師

やべともえ
A.Yさん

上記の通り、中身はオーダーメイド物販のやり方を教えるもので、講師陣も揃えてサポート体制も整えていますね。

ただ、ここまで話して来た通り、物販をやるリスクやオーダーメイド物販の懸念点もあるので、そこも踏まえつつ参加を検討すると良いでしょう!

「女性の働き方支援」をコンセプトに「情報発信」で稼ぐ森川くみこさん

さて、ここまで森川さんのオーダーメイド物販について取り上げて来ましたが、いかがだったでしょうか?

いろいろと気になる点はありますが、1つわかったこととしては森川さん自身「女性の働き方支援」をコンセプトに“情報発信で稼いでいる”ということです。

そもそもの疑問になりますが、なぜ独占卸なのに他の人に共有しちゃってるのとは思いますよね。笑

それも人数を限定するならまだしも、400名を入れてなお会員を増やし続けているのも疑問です。

普通は会社を経営する商売人ならわざわざ独占契約しているものを他の人に共有しませんからね。

なんなら人を雇ってやらせた方が会社の売上も伸びるのではないでしょうか?

しかしそれをしないのは「独占卸オーダーメイド物販」をネタに情報発信を行い、その物販スクールである「RICH」を売った方が儲かるからではないでしょうか?

つまり、森川さん自身もそもそもオーダーメイド物販ではそんなに稼いでおらず、情報発信の方で利益を上げているのではないかということです。

労働は嫌だ。私が転売(物販ビジネス)をやらない6つの理由

この仕組みはこちらの記事でも紹介している通り、物販を軸に置いている人の常套手段であり、手間や労力のかかる物販よりも、資産化できる情報発信の方が効率的に稼げるからですね。

そんな効率的に稼げる情報発信を身に付けたい方は、下記の講座も受けてみてください^^

Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

仮面ブロガーズプラスを2年間実践したブログ歴7年が本気レビュー

その第一歩となる無料講座も私の方でも独自にやっていますので、情報発信に興味を持った方はぜひ登録頂けると幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。