あなたの人生を変えるための短期間集中講座

海野亮介氏の評判は?在宅国内転売スクールは最新のノウハウではない?

(剣八)
侍ブロガーの剣八です。

今回は、海野亮介さんの宅国内転売スクールを取り上げます。

この情報に関しては、YouTube上に掲載されている広告で知ったのがきっかけです。

その広告がこちら

そして、広告ページへアクセスすると、下記の「フリマトレジャー」というツールの案内がありました。

宅国内転売スクール広告ページ

そこからページ内を移動しているうちに「在宅国内転売スクール」を運営していることがわかったため、取り上げようと思った次第です。

この記事を最後まで読んで頂ければ、海野亮介さんの在宅国内転売スクールがどういった内容のもので、どんな稼ぎ方なのかがわかるでしょう。

なお、個人的にはいくつか気になる点もありましたので、そちらも含めて解説していきますね^^

・特定商取引法に基づく表記

代表(販売責任者) 海野 亮介
電話番号 070-6528-8808
メールアドレス ryosuke.umino06041986@gmail.com
所在地 〒143-0025
東京都大田区南馬込5-28-1
こんな人におすすめの記事
・海野亮介さんに興味がある人
・在宅国内転売スクールに参加したい人
・転売で稼ぎたい人

Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

海野亮介さんの経歴とプロフィール

まず、海野亮介さんの経歴とプロフィールですが、ざっくり以下の通りです。

・20代でネットワークビジネスを5年間取り組むも失敗

・ブラック企業に勤め脱サラしたいと思って
物販ビジネスを始め初月230万円の売上達成

・残業100時間の会社員をしながら年商3000万円達成

・脱サラして年商1億円を超え、物販ビジネスとコンサルを展開中

参考元:https://free-life-planner.com/masterseminar/

こういうスクールの講師で、よくありそうなプロフィールですね。

そして、年商1億の数字を見るとすごそうに思えますが、実際の利益はどこれくらいかわかりません。

「売上言って、利益は言わない」という物販(転売)ではよく使われがちな表現です。

会社員時代も副業で年商3000万円とのことでしたが、仮に3割程度が利益とするなら、仕入れに2000万円ほどかかります。

つまり、大きく稼ごうと思えば大きな仕入れ資金が必要になるってことです。

と考えると、サラリーマンの副業としては「資金面」において再現性が低いようにも見えますよね。

ちなみに、プロフィール欄に実績画像がありましたが、

「2018年の実績」で情報が古いんですよね。

第1話のページに掲載してあった実績画像と一致する部分がありますから、1話の情報も古いと言えます。

(剣八)
画像自体もどこの画面をキャプチャーしたものかわかりませんし、エクセルで作れそうなものですよね。笑

ということで、この実績はあてにならないと言えるでしょう。

とりあえず、経歴やプロフィールの情報を見た感じでは、上記のような印象を受けました。

【最新ではないのか?】在宅国内転売スクールの概要と特徴

在宅国内転売スクールでは、

・フリマ転売
・カメラ転売

の2通りの稼ぎ方を教えています。

どうやらこの2つが海野亮介さんの得意分野みたいですね。

そして、在宅国内転売スクールの3つの特徴して、

・完全在宅
・国内で完結
・最新のノウハウ

が挙げられていました。

ただ、「最新のノウハウ」に関しては、2018年の実績を公開していることからも、疑問に思うところはあります。

なお、

・フリマ転売
・カメラ転売

この2つの手法に関しては、以下の通りになります。

フリマ転売の場合

まず、海野さんがフリマ転売を勧める理由としては、「取っかかりやすい」面があるからです。

(剣八)
たしかに最近はメルカリをはじめたとする、フリマアプリで不要品を販売する人も多く、使い慣れていたり、仕組みを理解しやすかったりしますよね。

ちなみに、このフリマ転売ではフリマアプリから仕入れて来て、Amazonに出品するというのが基本です。

その中でも、在宅国内転売スクールには以下のメリットがあります。

フリマ転売で本来必要である、

商品受け取り・在庫管理・撮影・出品・梱包・発送

などの作業を削減し、仕入れ作業のみで入金までたどり着けるという。

たしかにこれだと面倒な作業がなくなり、効率的に稼げますよね^^

また、フリマ転売の場合、海野さんが開発した「フリマトレジャー」というツールで、リサーチの効率化もできるようです。

このツールを使うことで、利益の出る商品が一瞬にして検出できるんだとか。

これらが事実なら稼ぎやすそうではありますよね!

カメラ転売の場合

続いて、カメラ転売に関しては、大幅に利益を取れるメリットがあります。

「カメラ」と「レンズ」がかなり利益が取れることは、私も耳にしたことがありますね。

国内転売で最も稼げるジャンルは、カメラ転売とも言われているみたいですね^^

カメラ転売の場合、1日1個仕入れて販売すれば月収30万円、1日2個仕入れて販売すれば月収60万円も達成できると言われていました。

また、このカメラ転売においても、在宅国内転売スクールでは以下のメリットがあります。

商品受け取り・在庫管理・検品・撮影・梱包・発送

これらの作業をせずに、仕入れと出品だけで利益が取れるそうです。

カメラ転売の場合、普通の転売と違って検品作業が必要なので、素人には敷居が高く見えますが、それをしなくて良ければなんとかなりそうですよね^^

このカメラ転売には、

①資金回転が速い
②利益単価が高い
③相場変動が少ない
④クレームが少ない

といったメリットもあるみたいなんですが、ここの説明でも2018年の画像が使われていたので、「最新のノウハウ」に関してはやはり気になるところではあります。

在宅国内転売スクールの概要と特徴に関しては上記の通りですが、作業が効率化されているところに関しては、非常に良いなと思いました。

在宅国内転売スクールのデメリットとリスク

在宅国内転売スクールの概要を見て、私が感じたデメリットとリスクをぶっちゃけますね。

利益率が下がる

まず、デメリットとして感じたのは、「利益率が下がる」という点です。

フリマ転売もカメラ転売も「納品の代行」を外注しているため、外注費用がかかりますよね。

当然、その外注費用は利益から削られますので、その分利益率が下がります。

転売の一般的な利益率がよくて20%と言われているので、それ以下になる可能性があるってことです。

ただでさえ利益率の低いビジネスなのに、さらに下がるとなると数をこなす必要が出てきますよね。

その分リサーチ量が増えることが懸念されます(^^;

飽和する恐れがある

こちらはカメラ転売で言えることですが、カメラ転売は転売の中でも「カメラ」に絞っているため、超ニッチなジャンルと言えます。

(剣八)
その中に在宅国内転売スクールのスクール生同士が集中するとどうでしょうか?

同じツールを使っての仕入れとなると、商品の奪い合いも起きそうですよね(^^;

さらに、「国内転売で最も稼げるジャンルはカメラ転売という真実」という情報も公言されていて、当然ながらそれを知っているスクール生以外のライバルもたくさん集まっているでしょうから、競争率も上がります。

また、転売ヤーのみならず、“利益を目的としていない一般ユーザー”がいることを考えると、利益を上乗せして売ることも厳しそうですよね。

といったことからも、利益は取れてもこのニッチなジャンルに絞るのは、飽和のリスクがあると考えられるでしょう。

海野亮介さんの評判を調べてみた

海野亮介さんの評判について調べてみましたが、特にこれといった目立った悪評もありませんでしたが、以下のようなコメントが寄せられていました。

・この商売は人間的にアウト

・まさか、このご時世に本気で転売で儲けようとしている情報弱者なんて居ませんよね。

・転売であろう物は買わないようにしてます。

・まだ、転売なんかやってるの??

・ぷっ。まだこんな動画あげてるゴミいたんだ。過去のせどり動画配信してた奴って今いるか?
賢いやつは、せどりなんてやらずに、普通の仕事するわな。

・転売ヤーは人間の底辺
自分の利益の為なら他者が苦しもうとかまわない連中。

https://youtu.be/hX9-V0GfY8w

こちらのコメントを見てもわかるように、海野亮介さんの評判というよりは、転売のビジネスモデル自体が否定されている印象が強いですよね。

これが世間が持っている転売に対するイメージとも言えるでしょう。

(剣八)
タイムリーな話で言えば、新型コロナウイルスによるマスク不足の中、転売で利益を出そうとしていた人たちもいました。

国民全員がマスク不足に困っている中、マスクを買い占め、価格を釣り上げ、「自分の利益だけを確保」しようとしていた心無い方もいたわけです。

要するに、転売ビジネスとは、「世の中の人が適正な価格で買い物をする邪魔」をするビジネスでもあるってことですね。

といったことを考えれば、選択肢も変わってくるのではないでしょうか?

転売ビジネスよりもコンテンツ販売の方が儲かる

さて、ここまで海野亮介さんの在宅国内転売スクールを取り上げましたが、いかがだったでしょうか?

在宅国内転売スクールは、効率化できるメリットはありますが、外注費や飽和の恐れも懸念されます。

また、転売ビジネス自体が、「人の不幸を招くビジネスモデルでもある」といったところを見ると、よーく考えてやらなければなりませんよね。

ちなみに、最後に1つだけお伝えしておきたいことがありまして、それは「転売ビジネスよりもコンテンツ販売の方が儲かる」ってことです。

結局、海野さんもYouTubeで動画を上げて、広告で集客をし、「在宅国内転売スクール」や「フリマトレジャー」などの商品やサービスを販売して稼いでいますよね。

なぜ転売で年商1億も稼いでいるにも関わらずそれをやるのか?
さらには自分のライバルを増やそうとするのか?

(剣八)
単純にそっちの方が儲かるからですよね。

コンテンツ販売の方が転売よりも利益率は良いですし、遥かに稼げますからね。

だから転売ビジネスを教えている方々は、転売ではなくコンテンツ販売に切り替えるパターンが多いです。

結局のところ【ネットでモノを売ること】、これが1番儲かるし、稼ぎやすいんですよ。

モノを売ると言っても、転売のように利ザヤを抜くのではなく、しっかりと利益の出る商品やサービスを扱って売るってことですけどね。

実際情報商材ASPでも、下記のように転売のノウハウ(コンテンツ)が売られていますが、報酬が商品価格の50%付いていて、5000円を超えるものもたくさんあります。

※これらはほんの一例です。

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。
しかも転売のように在庫を抱えるリスクもないので、【ネットでモノを売るスキル】を身に付けて、アフィリエイトを含めた、商品やサービスの販売、および紹介の方が儲かることは間違いありません。

もちろん、私は転売のような稼ぎ方は紹介しませんけどね(^^;

ただ、海野さんもやっているように、転売をやるよりもそのノウハウやツールを売った方が儲かるってことです。

ですので、

“ネットでリスク無くモノを売るスキル”

もしそんなスキルを身に付けたい方は、下記講座を参考してみてください^^

Live in the Shadows ~あなたの人生を変える10日間のメール講座~

匿名ブログのオンライン個別指導講座「仮面ブロガーズ」

追記:海野亮介さんから在宅国内転売マスターセミナーの案内

在宅国内転売スクールに関する動画を見進めていくと、最終的に「在宅国内転売マスターセミナー」の案内がありました。

パソコン1つで世界中どこにいても月収100万の安定収入

ということですが、上記で解説して来た通り、転売には仕入れ資金が必要で、月収100万円の収入を得ようとすると、少なくとも1ヵ月に200万円ほどの仕入れ資金が必要となります。

これは果たしてサラリーマンが毎月用意できる資金でしょうか?

といった疑問を持ちつつ、セミナーの情報を見ていきましたが・・・

まず、下記もいつの情報かわかりませんよね(^^;

「最新ノウハウ」と謳いながら、2018年の実績を公開していたり、利益画像の日付がわからなかったりと、その謳い文句に反する内容がチラホラあります。

また、セミナーの内容は以下の通りですが、

今回のセミナーでは私が直接あなたに在宅での国内転売をマスターしていただくためのすべての経験からノウハウ、手法、テクニックをお伝えし

あなたが抱えている不安や悩みの問題を根本から解決させていただくとともに在宅国内転売でより確実に30万円、100万円稼いでもらうために必要な解決策の全てをご提供します。

この内容を見る限りでは、「セミナーに参加すれば稼ぎ方のすべてを教えるよ」と受け取って良いんですかね?

ただ、海野亮介さんの手法には、納品代行などの「外注化」が必要になるため、その外注費用が別途必要になるかもしれません。

それがいくらくらいになるかですよね。

(剣八)
ひとまず、上記の内容になっていますが、セミナーに参加すれば最後に何かしらの売り込みがあると思いますので、もし参加者がいましたら、金額や内容を教えて頂けると助かります!

ということで情報お待ちしていますね^^

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

[%e5%ae%9a%e5%9e%8b%e6%96%87]

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。